番次郎の盤上万歳!!: ボードゲームの「負ける美学」って何だろう

2017年6月29日木曜日

ボードゲームの「負ける美学」って何だろう

全く自慢にならないことではあるが、私はゲームが本当に弱い。
「ボ育て」で、大人が子ども相手に全力で相手をする、という姿を微笑ましく思う姿が見受けられるが、私の場合、子ども相手に全力で臨んでも、負けてしまうことが度々ある。
「この人本当に大人?」といった格闘ゲームの終了時に出てくる言葉を、リアルの子供から浴びせられることもしばしばある。
子ども相手でこうなのだから、ゲーム会やゲームカフェといった場で私がプレイするゲームなぞ言うに及ばず。
喫緊の対戦成績は実に4勝45敗。勝率は8.3%、打率だと0割8部3厘、野球選手ならすぐにでもトライアウトを考えるべきである。

しかし、私は最近考え方を変えるようになってきた。

今年1月に実施された第5回ボードゲーム川柳大賞(Table Games In The World主催)で、私の作品が見事入賞を果たしたわけだが、その作品がこれだ。

「こだわりは 昔は「勝ち」で 今は「価値」」

つい先日、「そもそも勝つことがいいことなのか」について自問自答する機会があった。
勝つことは単純に嬉しい。それはまがいもない事実だ。
その一方で、パスカルの著書「パンセ」にこんな言葉があるので引用する。

「我々を楽しませるのは戦いであって勝利ではない」
(神なき人間の惨めさ一三五)

私はゲームに負けてはいるが、それで気分の悪い思いこそすれ、実害として損益を被ったことはない。
これは本来「ゲームに勝ちたいというモチベーション」を持ち合わせている方からすれば、意外なことかもしれないし、「そんな枯れた考えで、ゲームなんかできるわけがない」と突っぱねられてしまうことなのかもしれない。

もちろん私だって、先述の通りゲームそのものには全力を尽くす。手を抜くなんてことは一切しない。死力を尽くして勝ちに行くし、負けが濃厚となった場合は一発逆転だって積極的に狙っていく。
少し他の方と違う点は「エンターテイナー役」としての立ち回りを重視する点ではないかと振り返る。

バラエティ番組のお笑い芸人の立ち位置、と称してしまうと語弊が生じるが、狙えるべきところできっちりと狙い、稼ぐべきところでちゃんと稼ぐ、そんなエンターティナーの側面を持ってこそ、次に「また明日あなたと一緒に遊びたい」と思ってくれるのではないか、と考えるからだ。
ちなみにこの言葉は、かの有名なカタンの作者クラウス・トイバーの言葉を引用している。

私自身、初めてのゲームでコテンパンにやられてしまったゲームを「負けて悔しいからリベンジ!」という気概で再度プレイしたくなるほど強い心など持ち合わせてなどいない。
そんな方は、きっと他のゲームで遊んでもアグレッシブな姿勢で臨めるだろうから、新規開拓をこちらが促してあげる必要性は薄めだろう。
負けたら単純に嫌になるだろうし、つまらなくもなる、嫌いにもなる、子ども達とゲームを触れ合う機会がある方ならばきっと共感していただけるはずだ。
だから、私の目指すべきところは、空気の張り付いた中で行うような真剣勝負とは別の、場の和んだ中で行われる和気あいあいとした雰囲気の醸造ではないかという結論に至った。

そのためならば、私は努力を厭わないことにした。

その一つの自分なりの回答が「真剣に負けを追求すること」である。
繰り返すが、決して「手を抜く」ことではない。

まず、各種攻略サイトや攻略記事を読むことを一切やめた。
ゲームの攻略法を知ってしまうと、それだけで初心者からすればアドバンテージとなってしまうからだ。

次に、苦手なゲームを積極的に遊ぶことにした。
得意なゲームは一応持参すれども、ゲーム会などでは、むしろ苦手とするゲームを積極的に遊ぶよう心がけている。

他にもいくつかあるが、こうまで「下手さ加減を追求」しても、やはりキャリアを重ねると、自然とゲームは上手くなってしまう。
だから、次はしばらくゲームから遠のいた上で、ゲーム的な勘を鈍らそうとまで画策している自分がいる。
そのうち自分は「最弱王」の称号を、ディアシュピールのかくて氏から奪取できる気がしてならない。

イギリスの文人政治家フィリップ・チェスターフィールドの言葉を引用して、締めの言葉としたい。

「人は、愛する人や尊敬する友人に対しては、自発的に相手を気遣い、喜ばせてあげようという気持ちが沸きたつものだ」
(書簡書「我が息子よ、君はどう生きるか」より)




0 件のコメント:

コメントを投稿