2017年11月27日月曜日

僕が「BoardGameQuiz」に込めた想い

先日、東京・品川のボードゲームカフェ「天岩庵」様において、ボードゲームプレイベントが実施されるというので、私も出展者の一人として足を運んだ。

私の頒布するものは「BoardGameQuiz上・下巻」、ボードゲームに関するクイズを取りまとめた小冊子だ。



当日は、ゲーム体験会は新作のボードゲームに興味を持つことに加え、私の積極的なアピールが足りなかったことも相まって、それほど多くの参加者様に体験された、とまではいかなかったが、それでも体験された方からは「面白かった」という声が上がり、結果として満足いくものと言えた。

そんな、待ち時間での話。

待合の中、私は他の参加者に対しても「どうです?どうです?」と(少々うざったく感じるほど)クイズを勧めて回った。
早押しボタンを手に取り「問題!」と声をあげ、ピンポンのチャイムが鳴るたび、一部の視線はこちらに傾注する。

すると
「じゃあ、僕からも問題!」
「俺も問題!」
「これ、わかるかな?」
あちこちから問題の声が上がる。それに対し、答えたり、答えを聞いて「ヘェ〜」の声が上がったり。
待合が一時、「クイズの出題合戦」という状態となったのだ。


そろそろ、少し話す頃だと思う。

私はこの小冊子を「書籍」ではなく「ボードゲーム」と言って憚らなかった。


かつて「話の泉」という古いラジオ番組があった。(リンク先参照)
視聴者から寄せられた難問・奇問のクイズに対し、賢者の方々が答える、日本で最初に放送されたクイズ番組と呼ばれる。
この番組の人気は、当時として破格の賞金などもそうだが、賢者として登場した方々が実にユーモアたっぷりのトークを繰り広げることでも知られた。
寄せられた問題から「俺はこうだ」「実はこれもあるんだ」などのあちこちに派生するユーモア溢れるトークでも話題となった。
まさにタイトルのごとく「話の湧く“泉”」だったのだ。

小冊子を作成するにあたり、一番気を使ったこと、
それは「ボードゲームとどれだけ近似できるか」だった。

ニフティ・ニュースがかつて調査した「ボードゲームの良いところ(2017年1月27日)」によると、そのベスト10は

1位 室内で遊べる
2位 手軽に楽しめる
3位 家屋みんなで楽しめる
4位 老若男女誰でも楽しめる
5位 大人数で楽しめる
6位 電気を使わずに遊べる
7位 ルールがわかりやすい
8位 コミュニケーションになる
9位 いつでもどこでも楽しめる
10位 頭を使う

以下、性格・人間性が出る、戦略や読みあいがある、対面ならではの緊張感がある、ルールがいじれる、と続く

これらボードゲームの良さを抽出し、できるだけ今回の小冊子に練りこむ、
仮に、それらが可能ならば、この小冊子は「書籍」ではなく「ボードゲーム」へ、すなわち、これまで「書籍」という媒体では成し得なかった「ボードゲーム」としての良さを持つ新たな媒体へと変貌を遂げるはずだ。

できる
僕ならきっとできる

「根拠のない自信を持て」
これは島本和彦先生の名言だ。
ボードゲーム歴の浅い私でも、何かできること、きっとあるはず。
半ば押し切るような形で、私は今回のサークルカットに、こんなメッセージを寄せた


「読むボードゲーム、あります。」


早速問題作成に取り掛かる。
現存する「ボードゲームBOT」の問題をそのまま流用しただけでは、とてもじゃないが、難易度が高すぎる。我ながらよくぞここまで難しい問題をこさえたもんだと感心するほど、高難度問題を量産してしまったのだ。

クイズは楽しむべきものだ。その第一義を忘れてしまってはならない。

最初に手をつけたことは、問題の難易度を上手く調整することだった。
そのおかげで、大事な9月の半月を、問題文の推敲作業に当てることとなった。

出来上がり
こうして持参した各所では、先のような「問題の泉」が、あちこちで湧き上がった。
泉が泉を呼び(まさに「呼び水!」)、次から次へ、その知識欲を駆り立てる連鎖反応が生み出されている。
そんな手応えを、私は今、肌身で実感している。

この小冊子を手にされた方が、「知識の甘い泉に、多くの蛍が集う」ような、そんな体験をされたならば、製作者としてこれ以上嬉しいことはない。



小冊子「BoardGameQuiz 上・下巻」は、ゲームマーケット日曜、番次郎ブースにて1冊500円で頒布致します。

2017年11月9日木曜日

ゲームマーケット秋、個人的購入備忘録|中盤編

前編はこちら

さて、備忘録中盤編です。

私自身「ボードゲームクイズ」を頒布する身であるわけですが、ゲームマーケットはボードゲームだけではなく、書籍や関連グッズも多数販売されます。
今回は、それらのブースを一つにまとめることに致しました。


※前提としまして、こちらに記載の作品は、全て私「番次郎」自身が予約済み、または、なんらかの不備が生じない限り確実に購入することを前提に上げておりますそのため、他のブログ様に比して取り上げる数も少なめかと思います。あらかじめご了承ください。


(予約あり、の欄はゲーム紹介ページにジャンプします。そのページには予約フォームが掲載されておりますので、適宜ご確認ください)



鍋野企画 予約あり
新作のムッジーナは神経衰弱をテーマとした作品。「こどもから大人まで!シンプルで楽しい」、そのテーマは今作も継承されている模様。テーマだけ拾うと、HABA社の隠れた名作「誰だったでしょう?」を彷彿とさせる。まるでおとぎ話を紡ぐかのように、親が子どもと遊んであげたい、そんな手元にいつでも置いておきたい作品。イラストはもちろん鍋野たまさん。

Kino.Q 一部予約あり
ゲームマーケットで最近見かけるようになった変則神経衰弱、このブースが提供するのは「紙」、しかも信じるものは己の「触覚」。さらに、そこいらの上質紙ではなく、レザックだのOKフェザーワルツだの何が何だか…。この「触覚」という概念を引き出した(もちろん視覚を用いるならばそれもよし、でしょうが、できるならばね)遊び方にセンサーがビンビンくるわけです。この「脳内のどの細胞を新たに使えばいいのか教えてよ!」という感覚、新機軸の作品を体験する楽しみは、おそらくそこにあるのではないかと個人的に思うのです。
すでに「この人に遊ばせたい!」という候補が上がっております。名古屋の某盤上遊戯様、狂信者の某工房様、などを一堂に会し、頂上決戦する卓を見てみたい。。。

Corolla
お天気推理ゲーム「Weather Report」、コンポーネントは黒板と木製タイル。それら5日間の天気を一人の気まぐれ神様が決める。これに他の人間が「はい」「いいえ」で答られるように質問するという方式の、はっきりとルールが提示されていない中で、おそらく「連想ゲーム」のような作品を妄想する。
こういった作品、ゲームマーケットでなければなかなか入手できない。もちろん通販等手段を講じることで手に入れることはできるのでしょうが、それでも「神様となって天気を操作する」といった設定を導入部に持ってくる、と、このメルヘン世界に引き込むためにも、やはりシンプルながら練りこまれたデザインのトークンや黒板が必要だったのか、と。確かにこれならハートを掴みやすいです。
とにかく製作者のブログや一連のツイートがオシャレで、購入意欲をそそられる。それらもこの作品と合わせて読み合わせたいと思います。


するめデイズ 
新作「アニマランブル」、情報こそ少ないのですが、四人で行うゲームの様子。今後は取り置き予約なども行う模様。こちらは少し情報待ちです。
するめデイズ様の作品は人気作が多いため、各店舗在庫僅少となっていることが多く、出展の際、在庫品の出品も取り揃えていただける配慮も嬉しい。たのめナイン、ギオンフェスティバル、曖昧フェイバリットシングスなどの作品を購入するならこの機会を逃すな!

ひとりじゃ、生きられない。 予約あり
「?」と思ったあなたは正解。これがブース名。しかも今年春に頒布された「カゲロウ」は見事ゲームマーケット一次通過、とにかくプレイ後の余韻も含めた全体的な満足感は他の作品を凌駕する。
今回の新作は「嵐の前の静けさ」、テーマとなっているのは冬虫夏草、中国では漢方薬として用いられるあの菌類。生存競争の厳しさと、それにまつわる自然の摂理を、堅苦しい説教ではなく、ボードゲームを通じた「学び」という形で提示する、これもまた楽しみ方の方向としては別次元のベクトルではないだろうか。

HammerWorks
前回春では「ほんの気持ちです〜雅〜」などの隠れた名作を手がけた本ブースの新作は「画数加留多」、画数を手掛かりに行う?かるた?
と???が脳内を渦巻くばかり。情報が集まり次第予約する予定。

モグワイ 予約あり
新作「朧ニンジャスタートリック」は変則のトリックテイク。ん?そういえば前回からなんとなく「このゲームはトリテです」といった看板の作品をさほど見なくなったような。そんな中、イラストはもちろん長谷川登鯉先生、コンポーネントに手裏剣型のトークンをあしらうなど豪華仕様。こちらは別のサイトで豪華仕様の通信販売も行なっている。
また、店舗ではすでに在庫がなくなった、ゲームマーケット優秀作品「8ビットモックアップ」第2版の予約も受付中。運が良ければプレゼントも。通常盤をすでにお持ちの方は入替駒を別に500円で販売(こちらは予約なし)
8ビットモックアップはデザインに佐藤敏樹さん、アートワークに長谷川登鯉先生、最近では「ダイスエイジ」を手がけた御両名、といえばお分かりいただけるだろうか。

ジョイジョイジョイ 予約あり
初出展となる今回の作品「ドロケイBAR」は、泥棒と探偵とに分かれお酒を酌み交わし、相手を潰す、という内容。イラスト、内容、カードのデザイン、全てに作者のセンスが感じられ、即座に予約した。これまで飲み比べの作品といえば「レッドドラゴン・イン」や「ドワスレ」などが続いたが、こちらは鋭い心理戦を新たにフレーバーに加えたほか、ポップなデザインと女性探偵をスパイスに用いた意欲作。期待値は非常に高い。


<物販ブース編>

久遠堂 予約あり
新作ゲーム「キツネと葡萄」の面白さは作者自身が絶賛して回っているので私が紹介するまでもなく。広いブースでは他にもTシャツや缶バッジ、そして噂の「ミープルネックレス」や、来年のミープルカレンダーといったラインナップを取り揃える。少し前に噂されていた二人対戦ゲーム「ラベノス」も試遊できるかな?期待。


ハコノソト 予約あり
スタートプレイヤーをサッと決める「ダレカラダイス」、ダイスを2個降って「ハヤオキ」「ニバン」なら二番目に早起きしたプレイヤー、と、縁の下で活躍してくれる頑張り者。ハコノソト様はグッズ販売を手がけるブースなので、先のTBCの際もオシャレな木製ダイストレイなどを販売されました。カタログに記載はなかったのですが、それらも密かに期待したいところ。

堀場工房 
「ゲーマー妻のユーウツ」は実話を基にしたドタバタエッセイ漫画で、時折「やってしまった。。」と我が身に帰ることもしばしば。春に頒布された「PACIFIC GO」や「ミカンdeキャッと!」少部数ながら「筋肉猫」なども。個人的にはクリアファイルで頒布される500円ゲームに興味津々(追記:「ねどこをねらえ」という作品)。こちら、とにかくデザインが可愛いのです。

Cygnus 
言わずと知れたゲームサプライの雄。今作は、豊田えり先生デザインの、SLをあしらったデザインの「ダイスタワースチームレイルロード」は、ダイスが転がる際の音にもこだわったという逸品。カードスタンドは視認性と秘匿性を考慮し計算されたアーチ状。他にも、前回好評を博したカードフィーダーもさらにバージョンアップ、夏の東急ハンズで注目を浴びたTOKYO HIGHWAY ORGANIZERも待望の頒布と目移りするラインナップ。

BGM盤上遊戯製作所
ゲーム制作者向けに各種ブランクチップやカードの販売をされるという発表。前回名古屋では、とても綺麗に装飾されたカタログやサンプルチップも無料で配布され、それを眺めたり触れたりするだけでも十分価値はあった。製作者ならずとも、ボードゲーム制作って何?と興味の湧いた方は是非。

厚紙加工のコムス
こちらもダイスタワー、しかも紙製で折り畳み可能、頒布されるかは未定ですが、一見の価値はあるものと思慮。こちらでもゲーム制作の際の見積もり、商談会等を行うことを明示しております。私は直接相談に乗るわけではないのですが、興味のある方は是非。



すみません!案の定全てを網羅することができませんでした。
次回、後半に続きます。




2017年11月8日水曜日

ゲームマーケット秋、個人的購入備忘録|前半戦

ゲームマーケット秋、私も出展者として参加する。

だからと言って、購入数が減るわけではなく、むしろ予約数は前回春に比べ増加の一途を辿る。

今回は私個人が「予約済み」「購入予定」として、リストに含めているものを、備忘録として公開し、皆さんにもぜひオススメしたいと思います。


しかし、いざ記入すると、あまりに多過ぎてしまい、これはさすがに記入できる量の限界値を突破してしまったので、やむなく前、後編に分けることとした。

※「予約あり」という欄には直接フォームに飛ぶことが可能です。ただし、11月8日現在であり、製作ブースの都合により予約終了となる可能性があります。ご了承ください。



なお、こちらに記載されているリストは、まず間違いなく私、バンちゃんが購入、または予約済みのものだけを掲載しておりますことをあらかじめご報告いたします。念のため。


つかぽん 予約あり
今年のゲームマーケット最有力候補とも称される大人気パーティゲーム「ボブジテン」から待望の拡張が登場、「ボブジテン2」には身振り手振りで相手に伝える新たなキャラクターが、「私のボブジテン」には自分の好きな言葉を書き込めるブランクタイプのカードが、それぞれ混ぜて使用できる。
単に混ぜて遊べるだけではなく。使用することで、旧作が一層輝きを増す非常に素晴らしい拡張と言えるだろう。

BraveLily 予約あり
BraveとLilyによるユニット(土曜のみ)、こちらも今回初出展。特にLilyさんは現役の高校生 、とは言えその実力は「かくよむ甲子園出場」の実力をもって推して知るべし。
各所に練り込まれたシステムはシンプルながら洗練され、また、ファンタジーの雰囲気をデザイナー独自のセンスで構築した世界観に注目したい。
新作も「まどつく〜魔導書を作ろう〜」「傭兵の賭け事」「Secure Gesture」と豪華3作品+αを用意。さらに、ブース展示にも工夫を凝らし、ブース内もコスプレを行うなど、今回の出展にかける意気込みは他のブースに負けじと劣らじ。

ぎゅんぶく屋 
翔さん主催「ボドっていいとも!」第1回放送分から話題沸騰、人狼ベースでありながら軽いテイストでプレイできるので何度でも違ったテイストが楽しめ、その都度「次はこの役職で」「次はこの戦略で」といった戦い方を試したくなる作品。都内各所で開催された体験会でも人気騒然。今回はワンナイトマンションの他、前回春でも人気を博したスノーマンション+拡張、日曜出展時はオオツカ製作「ブックメイカーズ」の委託販売も予定

ハッピーゲームズ 予約あり
グラフィティ(落書き)+バックギャモン、略して「グラギャモン」、大人な雰囲気、でも実は中身が非常にフレンドリー。バックギャモンに初めて触れるという方にも手に取ってもらいたいという思いから、理解しやすい言葉使いや、少々難解な用語を極力排するなどといった読み手に優しい配慮も嬉しい。また、さすが本職とも呼べるデザインセンスの良さなど、その取扱説明書の素晴らしさは一見の価値あり。

ゲームNOWA
関西のデザイナーが手がけた、何度もテストプレイを重ね、丁寧に丁寧に作成されたという新作「戦国ドミノ」を主軸に、アニマルズなどを出展。戦国ドミノは戦国につきものの「豊臣」「徳川」が不在(織田、毛利、武田、上杉の4人)の、まさに通好みのチョイス。もちろんデザイナーは麻雀、ごいた等伝統遊戯の世界にも精通されているかぶけんことかぶきけんいち氏。色鮮やかなアブストラクトを彷彿とさせるゲーム性の中に、コプラス、エルタイルズ等デザイナー独自のエッセンスも垣間見える不思議な作品に思わずこちらから引き込まれる。

一年中未来 予約あり
大怪獣コトバモドスの英語版「ぽんこつFACTORY」は当初の段階から話題沸騰。コトバアワスは夏のTBCから個人的に期待していたワードゲーム作品。コトバアワスは500円のシンプルなゲームながら昨今流行の使い切り型の作品。どう言葉の技術を絡めていくのか、期待したい。

コンバディダス 予約あり
新作DEKITA!は一人から楽しめるカラフルな頭脳派パズル。見た目とキャラクターだけにとどまらず、初級へ、中級、上級編とズルズルと知らぬ間に引き寄せられる自在の変化に富む様で、すでにテストプレイの段階から各所のデザイナーの報告が上がっている。作者によるツイッターでは定期的に「詰めDEKITA配信」といったサービスなどその精神には余念がない。

ノスゲム 
マムマムマーガレットは完全手作り。それは木の素材だけではなく、巾着の布地に至るまで職人の手によるこだわりが見られる逸品。前回春は朝6時ごろに待機列に並んでいた人すら入手できなかったと噂されるほどの人気を博す。
今回は他に、ゲームマーケット内の会場内でも活躍すること請け合いのミープルバッグ2種(予約終了、当日販売あり)などを用意。

OKAZUbrand 予約あり
新作はネズミ海賊が主役の「ラッタニア」と「かうんとり」の2種。重量級から軽量級まで自在にこなし、海外メーカーからも表彰されるなどその評価は折り紙つき。
今作の取扱説明書では、これまでフライヤーとして別添だった説明マンガを取扱説明書に取り入れるといった意欲を見せる。
ブースではデザイナーとイラストレーターの仲睦まじいご夫婦が笑顔で対応されますので、購入する側もほっこりした気持ちになれます。


オオツカ製作 予約あり
ボードゲーム番組「喫茶安元」のディレクターを務めるなど、今年一年非常に多忙を極めたであろう放送作家大塚健吾氏による新作「ブックメイカーズ」が目玉。カード一枚一枚に詳細に記載された各キャラクターの裏設定やメッセージに、少年マンガ好きなら思わず口元が緩む。少年雑誌をモチーフとした装丁にも注目。

ケンビル 
新作「バイバイレミング」は愛嬌のあるキャラクターだけにあらず、その中毒のあるゲーム性は都内各所のゲームカフェ等で絶賛、ディアシュピールのまつなが氏もその面白さを賞賛する。いち早く手に入れたいという方はクラウドファンディングを利用するのも手。またマモノノ第2版はパッケージを一新して再登場。

高天原 一部予約あり
新作は可愛いワンちゃんが主役の「わんわんわんだふる」、ペンギンパーティのルールを基軸とし、愛くるしいキャラクター、それだけにとどまらず、高天原が持つ独自のジレンマを絡ませたゲーム性は存在するものと期待。それらが決して喧嘩することなく程良い頃合いで調合されている組み込み方はもはやベテラン職人の領域。
人気の「ホメロー。」「寿司カッパ」なども少部数頒布あるようですよ。

ポリゴノーツ 予約あり
前回春は大行列を形成したブースの一つ。ファンタジーの鮮烈な部分と神話的な部分のみを抽出した透明感のあるデザイン、そしてそれらが織りなすストーリー展開は今回も忠実に継承されており、続編のような新作「星龍の冠」「勇士の楔」もすでに期待大。
購入時、先着順に弱者の剣(カード補強版)が当たるスピードくじを行うとの情報が。

ASO部 
一部界隈で話題となっていた「大喜利+人狼」の人狼ゲーム「大狼」。その面白さは想像の域を超えること間違いなし。お題カードも豊富。飛び出す回答の展開に苦悶と笑いが混在するカオスな世界となることを今から想像するだけでわくわくする。

ゆるあ〜と 予約あり
ゲームマーケットの作品にもドイツゲームを意識した作品は多いが、こちらもその中の一つ。見た目敬遠していた「少し手強そう」だと思った作品が、案外フレンドリーな内容だった時の、一気にその間が収束するような感触、おそらくこの「ハンザの女王」にはそんなデザイナーの「触れてみて、遊んでみて、楽しんでみて」といった熱意のこもったメッセージが伝わってくる。まだ事前情報に過ぎないが、これは即座に予約して正解だったと思う。

daitai
春に引き続き「じゃれ本」を頒布、人気ポッドキャスト「ほらボド!」番外編でも取り上げられ、そのカオスな内容に皆がとりことなった、皆が寄せ集めた文章で短編小説を作成するゲーム。



後日、後半戦に続く。(描いてて思いましたが、これ、中盤戦になりそうな気が。。。)





作品はアウトプットで磨かれる〜4コマ漫画制作日誌〜

今回のゲームマーケット春は、本当に広報らしい広報活動もそっちのけで制作の方に勤しんだので、せめて自分のブログの中だけでも宣伝させてください。 なぞなぞの本、クイズの本、とともに、もう一冊、わたしのブースの片隅を賑わす本がある。 「きょうもボドびより。」と称された4コ...