番次郎の盤上万歳!!: 若者たちを歌う日々(ぼくのゲームマーケット奮戦記その2)

2017年12月24日日曜日

若者たちを歌う日々(ぼくのゲームマーケット奮戦記その2)

前回(その1)までのあらすじはこちら(リンク先)



ボードゲームにクイズ、である。

前回も少し触れたが、この取り合わせ、理解のある方に恵まれない。

何処に持参しても敬遠され、クイズそのものを疎まれる傾向にある。

せっかく購入した早押しボタンはすでに埃をかぶった状態だ。

クイズ制作には自信を持っていただけに、夏の時点で、諦めの念が濃厚だった。

払拭してくれたのは、今年7月の大阪旅行だった。

AEG夏の陣」と称される大阪堺市のAEG様にて(詳細はリンク先参照)、私は今回のクイズを少しだけ披露する機会に恵まれた。

結果、大変盛り上がると同時に、参加された総統様や主催者様もクイズをいたく気に入ってくださった。

クイズそのものに魅力は秘められている、その事実に間違いはなかったのだ。

この遠征をきっかけに、私はこれまでうつむき気味だった自信を上向きに軌道修正することができた。
堺で活躍されるAEG様(@aveeuro )には感謝の言葉しかない。

とはいえ、クイズ、しかもボードゲームに特化したものを書籍として頒布するには、超えるべき課題はいくつも存在する。
そのひとつに「ボードゲームの意識改革」がある

ボードゲームを選ぶ際、あなたが選別する基準は何だろうか。
「プレイ人数」、「年代・世代」、「プレイ時間」、人によっては「重さ、軽さ」「テーマ」「作者」だったりするだろうか。

常々疑問だった。
万人に愛されるべき作品を作るならば、万人に手に取ってもらえるよう、それら「選別の基準」を取り払う必要があるのではないか。
「大人向け」「子ども向け」ではなく「大人も子供も一緒に楽しめる」「プレイ人数も2人から何人でも対応可能」といった具合だ。
個々に対応した作品は数あれど、それら全てを具有した作品は、これまでなかった、実現できなかったのではないだろうか。

クイズなら、それができる。

クイズなら、
人数も、一人から何人でも、最大何万人でも対応できる。
出題次第で、子供から大人まで、初めての方からベテランの方までフラットな立ち位置で可能だ。
1問10秒で決着をつけることもできるし、何時間でも延々と続けることができる。
実力はあくまで知識に頼るところが大きいが、クイズは「時の運」も必要。まぐれ当たりでも正解できるあたり「運の要素」が絶妙にからみあう。
早押し機があればより楽しめるが、問題さえあれば、挙手や口頭でもできる。つまり「道具もいらない」
何より、誰よりも先にわかった瞬間、正解できた時の快感は、他のボードゲームに引けを取らない。

ぼくならできる。
クイズなら、それができる。

してみせる。


求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。 (新約聖書: マタイ7章7節)

この時点で8月はすでに終わり。タイムリミットは11月中旬。
残された時間は、わずか2ヶ月と2週間。

やるしかない
乾いた言葉で自分を鼓舞する。
背中にはザ・ブロードサイド・フォーの「若者たち」が流れていた。

(つづく)

0 件のコメント:

コメントを投稿