2018年11月28日水曜日

たまごさんの話

たまごさんのことについて書かせて欲しい。

たまご.egg氏(以下「たまご」さん)、関東一円、特に横浜、川崎を中心に活動の拠点を広げる。
インスト(インストラクション、ゲーム導入部の説明を担当する役回りのこと)の達人で、重いゲーム、軽いゲーム、どんなゲームでもその「聞かせ方」がとても上手い方として知られる。

そんな方から連絡があったのは、ゲームマーケット当日の運営体制で頭を抱えていた3ヶ月ほど前の盛夏だっただろうか

「どうしてもそちらのブースでお手伝いさせてくれませんか」

ちょうど人手も足りなかったことと、何よりあのインストの名手がブースに立ってくれるというだけでも百人力という言葉に反応し、私は一も二もなく飛びついた。

当日は言わずもがな。前日もブースに立っていたという疲労の色を見せることなく日曜もブースに立ったたまごさんは、私の小冊子を事前にパラパラとめくっただけで内容の概略を掌握、そのままブースで宣伝活動に従事してくれた。
お陰さまを持って、我が小冊子は無事、予定数を全て完売する快挙を成し遂げたのだった。

その後の話。

以前よりたまごさんは「ボランティアです。謝礼は必要ありません」と断固としてお礼を受け取ろうとしなかった。
そこで私は、片付けの最中、そっと前日に購入した「クランズオブカレドニア」の包みを手渡そうとした。
たまごさんは苦笑しながらこうつぶやいた。
「そうじゃ、ないんですよ…。」

私は結局プレゼントの包みを持ち帰ることとなった。


社会に出て間もない方へ。
覚えておくといい。
世の中には少なからず存在するんだ。
「人の喜ぶ顔」が大好きで
「人が喜ぶ」ことを何より自分の幸せに還元できる人が。

そんな人の一番の栄養は
こちらが最大限の笑顔を見せること。
こちらが一番幸せになってあげることなのだ。


たまごさんは沖縄在住だけれど、数年前まで川崎近隣で「たまご会」というボードゲーム 会の主催も担当されていた。
会費は基本500円だが、お菓子を持参で-100円、遠方からいらっしゃった方は−100円、途中で抜ける方は−100円、逆にずっと滞在される方は−100円…etc
最終的に100円で数時間遊ぶこともできる、実に太っ腹な会を運営されていることで有名だった。
もちろん会そのものは毎回大赤字だったことだろう。
それでも多くの方が「たまごさんの会なら」と遠方から駆けつけ、たまご会には数々のボードゲームが並び、多くの参加者やクリエイターが参加される会となった。


自分の身代を削ってでも相手に奉仕するたまごさんだから、悪い人間からのオファーもあったことだろうと察する。
しかるに、それらを取り巻く多くの善導者が、たまごさんを守り、支えてくれた。
「善導をもって悪を取り払え」とは、ブッダの言葉だったかと思う。

会の最後は、自分の疲れを見せず、一人一人に返信するたまごさんを、誰もが愛し、誰もが慕った。
たまごさんと同様、私たちも皆、たまごさんの喜ぶ顔が好きだからだ。

ゲームマーケットが終わり、祝勝会と称し、二人で焼肉を食べることにした。
が、疲れと睡眠不足も相まって、終始無言のまま肉を頬張ることとなった。
カルビよりも塩タンよりも、最後の方に注文した、鶏ガラベースのわかめスープが美味しかったという意見で一致した。
そこでようやくお互いに笑みがこぼれた。

ふと、一筋の涙が頬を伝った。
バレないようにそそくさと拭ったのだが、気づかれてはいなかっただろうか。



たまごさん
いつも深夜遅くまでご苦労様です。

たまにはゆっくりして、英気を養ってください。
そして一月、必ずそちらに遊びに伺いますから。


抱えきれないほどのお土産をカバンに詰め込んで、ね。

2018年11月13日火曜日

僕のイラストが出来るまで<小冊子イラスト奮闘記>

今回の小冊子に関し、わずかながら、宣伝させて欲しい
新しい小冊子に向けて、今回は少しばかり「イラスト」の練習に傾注したからだ

読まない、と勝手に前置きして続ける。(相手の目には届くと思うがやむを得ない。事実なのだ。)
きっかけは、今年春ごろ、某所で開催された「初心者限定イラストボードゲーム会」。
それほどイラストが上手くない方も参加OKという触れ込みだった為、当時、イラストに全く自信のなかった私も喜び勇んで参加を表明した

詳細を書くのもおぞましい。
蓋を開ければ、参加者以外のギャラリーが急遽参加、中には店内で飲酒した状態の人間も。
某お絵描きボードゲームをプレイ、案の定、酩酊状態の人間にイラストの不備を馬鹿にされ大笑いされる。
開始30分、いたたまれなくなった私は早々に離脱した。

涙が出てきた。
絵が描けないことをここまでコケにされたことに、腹ただしさと惨めさと悔しさとが入り交じり、涙がとめどなく溢れた。
会のその後は更なる惨劇を生み出したらしく、下手なイラストはツイッターで名前付きで晒された挙句、仮想Tシャツの図案にされるまでに至った。

イラストが上手くなりたい
ネガティブ思考で生まれる考えはプラスに働くわけがない。
それは悪の組織が正義を駆逐する考え方だ

しかし、腹わたが煮えたぎるこの思いを、何とかペン先で昇華しない事には、どうにも収まりがつきそうになかった。
以来、私は一にも二にも、白い紙に向かって必死の思いでペンを走らせた。


とはいえ、締め切りまでわずか半年足らず。
その上、学生時代から図画工作が大の苦手だった私。
発表するにしても相応のレベルが求められるに違いない。

現に描き始めのイラストなどこの程度だ。



そんな自分が「小冊子に掲載できる程度」に技量を高めるには?
方法は一つ
「ピンポイントで描き続ける」しかなかった。

幸い、描くキャラクターは頭の中で決まっていた。
そこで、ピンポイントに狙いをつけ、徹底的に「それだけ」を描く。
野球で例えるならば、相手投手のストレートだけに狙い球を絞るようなやり方だ。

万能選手のようにどんなイラストでも自由自在に描き表せるような、それは後でも構わない。
今は「依頼されたイラスト」を忠実にこなすだけでいいのだ。

表紙イラストに一枚絵が掲載できるだけでも御の字
描けば描くだけイラストは上手くなる、はず。
どこかで目にしたその言葉だけを望みの綱とし、何枚も、何枚も、同じ構図、同じキャラクターを、飽きることなく、描いて、描いて、描きまくった。


2ヶ月後、



この程度のイラストでも、正直、自分の中では満足のいく出来栄えだった。
その後、こうなり





3ヶ月後、ようやく、その後の母体となるイラストが完成する




少し欲が生まれた私は、更に挿絵へ、アイコンへ、と、その幅を広げる事にした。
言うなれば、自分の中にもう一人「イラストレーター様」を雇い入れた感覚だ。
無論、体というリソースは有限であり、イラストばかりに時間を割くわけにはいかなかった。
描きながら問題の作成、修正を並行して行う。デザインも同時に。
体力的にも精神的にも、日々、本当につらい毎日だった。


何枚も描く。
描けない自分が情けなくなる。
そんな時には臆する事なくツイッター上でアドバイスをもらう。
心優しいツイッター界隈の諸先輩から、多くの暖かいアドバイスをいただきながら、半年の歳月をかけ、ついに小冊子が完成した。



(※挿絵の一部)

問題構成、イラスト、デザイン、全てを自分一人で手がけた本。
おそらく「ボードゲーム」という縛りならともかく、「クイズ本」という枠で俯瞰しても、イラスト、デザインにここまでこだわった本など珍しいのではないだろうか。

っと、
奢ってしまった瞬間、技量は下り坂となる
だから上を向かなければならない。
登山家は山を登ることを目標とするが、登り終えた、少し休んだのちに、下山し、また登り始めるのだ。

幸いツイッター上には、目指すべき諸先輩のイラストが日々TL上に上がっている。
僕も満足することなく、まだ上、まだ上、を目指すべく、今日もまた誰も見ることのないイラストをぼつぼつと描き続けるのだった。


小冊子BoardGameQuizが日々進化を続けるために。










2018年11月1日木曜日

Board Game Quizの新しい遊び方

このすごろくの新しい遊び方。

アクセスありがとうございます。
このページでは小冊子を使用した「新しい遊び方」を逐次更新していきます。
(30.12.18更新)

1 シャット・ザ・BINGO!


必要なのは、運と知識と、ちょっとオ・ト・ナ・のテクニック

プレイ人数
司会者含め3〜7人程度
プレイ時間
10〜15分

用意するもの
●小冊子
●サイコロ2つ
●人数分の紙とペン
早押しボタン

遊び方

司会者は解答者全員に紙とペンを配ります
解答者は縦×横が3×3のマスを描き、その中に1〜9の数字を一つずつ書き入れます

マス目ボードは全員に公開した状態でクイズを行います

クイズに正解した解答者はサイコロを振り
①2つの目の合計の数1マス
または
②現在塗りつぶしていないマス目2つを使用して、出た目の合計の数となるマス2マス分
のどちらかを塗りつぶします

もしも自分の手番にどのマス目も塗りつぶせないならば、サイコロチャレンジは失敗となり、何も塗りつぶせず、次の問題に移ります

(例)
Aくんは最初のクイズに正解し、サイコロを振り、2と3を出しました
そこで足して5となる「5」のマス目を塗りつぶしました。
次の問題に正解したAくんは再びサイコロを振り、今度は2と4を出しました
「1」と「2」と「3」→3つ塗ることはできません
「1」と「5」→すでに「5」のマスは塗られているため、塗りつぶすことはできません
Aくんは「2」と「4」もしくは「6」のマスのどちらかを塗ることができ、今回は「2と4の二つのマス目」を塗りつぶしました

こうして縦、横、斜めのいずれかが1列そろったら1BINGO
3BINGO先に達成できた解答者の勝利です






2 ゲムマ一周双六ゲーム

目的
誰よりも早く早押しクイズに正解し
ゲムマ一周を目指そう!
誰よりも早くゴールに到達できたプレイヤーが優勝です

プレイ人数
司会者含め3〜6人
プレイ時間
10〜20分

用意するもの
●小冊子
●双六ゲームボード
●人数分のコマ(司会者除く)
●早押しボタン
(用意できなれば、ベル、挙手等で代用できます)

遊び方
◆早押しクイズに挑戦!
司会者を一人決め、司会者は小冊子から問題を読み上げます
他のプレイヤーはそれに答え、見事正解ならば自分のコマを
決められた数だけ進めます。お手つき、誤答のペナルティはありません。

◆コマの進め方
・最初の問題に正解したプレイヤーは「2マス」進みます
・以降、正解したプレイヤーが最終的に到着した先に描かれているマスのサイコロの目が「次の問題に正解したプレイヤーの進む数」となります

もしも進んだ先に「他のプレイヤーのコマ」があった場合、
「ジャンプアップ!」としてさらに3マス進めます
その先に相手のコマがあったならば更に3マス進めます
(※FREE ZONEのマスだけはジャンプアップが起こりません)
先にゴールマスに到着(ピッタリでなくてもOK)できたプレイヤーの勝利です
特殊マス
飛行機
飛行機でひとっ飛び!飛行機の先のマスへ進むことができます
×2
次に進める数は、一問前の目の2倍の数となります
FREE ZONE
このマスに到達したプレイヤーは、1〜4の中で次に進める数を事前に宣言することができます。このマスに限りジャンプアップは発生しません


こちらからDLできます すごろく.jpg  説明書.pdf

3 JOKER3

クイズ+ババ抜き
誰よりも早くポイントに到達せよ!
ただし、JOKERにはご用心…

プレイ人数
司会者含め3〜5人
プレイ時間
15〜20分

用意するもの
●小冊子
●トランプ
●早押しボタン
(用意できなれば、ベル、挙手等で代用できます)

遊び方
まずトランプから、解答者の人数に応じ、以下のカードを抜き出します
2人/A3枚、2、JOKER
3人/A3枚、J、2、3、JOKER
4人/A4枚、J、2、3、JOKER
そのほかのカードは箱にしまいます

カードをよくシャッフルし、全員の手の届く位置(司会者の前など)に、裏返した状態で一列に並べます
この時、司会者のみどこに何のカードがあるかを確認し、Jのカードがあれば「オモテ」にします

司会者は解答者に応じ、以下を基準に、あらかじめ問題数を決めます
2人/10問
3人/15問
4人/18問

(※お手つき、誤答含む)

◆早押しクイズに挑戦!
問題に正解した解答者はカードを一枚取り、数字を確認し、自分の前に裏向きのまま並べます
A=1点、J=1点、2、3=各2、3点、JOKER=-3点
●目の前のカードがなくなったら、次の問題以降、正解者は「他のプレイヤーのカードを横取り」することができます
(しなくてもかまいません)
相手から横取りしたJのカードは、横取りしてもオモテのままにしてください
自分のカードはいつでも確認でき、いつでも並び順を変更することができます

◆勝利条件
以下の条件を最初に達成したプレイヤーが勝利です
①先に規定ポイントに達成できた
2人/5点
3人/7点
4人/8点

② 最初に決めた数の問題を全て読み終えた時点で、最も得点の高いプレイヤーが勝利します


作品はアウトプットで磨かれる〜4コマ漫画制作日誌〜

今回のゲームマーケット春は、本当に広報らしい広報活動もそっちのけで制作の方に勤しんだので、せめて自分のブログの中だけでも宣伝させてください。 なぞなぞの本、クイズの本、とともに、もう一冊、わたしのブースの片隅を賑わす本がある。 「きょうもボドびより。」と称された4コ...