2018年12月6日木曜日

私の出会ったボードゲーム業界の「ボッケもん」ベスト3

この一年間、私なりにボードゲーム、特に制作面をメインに多くの方と交流する機会に恵まれた。



その中で出会った、「ボッケもん(生まれ故郷である薩摩地方の言葉で「男気のある、豪快な、男らしい」というニュアンスの言葉)」、すなわち、私の印象に強く残っている方を紹介したい。


これまで当ブログでは「ぎゅんぶく氏(第71回 すごいぞワンナイトマンション、スゴイぜ!ぎゅんぶくさん)」「たまご氏(第74回 たまごさんの話)」など尊敬すべき方を数名紹介してきたが、他にも今年は、多くの方々に巡り合う年だったと回顧する。
上記2名は「殿堂入り」として、今回はその他にも3名を私なりの言葉で紹介したいと思う。


3位 翔氏(TwitterID:@shousandesuyo)

ボードゲームに関する各種活動の火種を切って活躍される方。今年度だけを数え上げても、webラジオ「ボドっていいとも!」メインMC、18会(ボードゲーム2018年デビュー組による同期会)、17会(2017年デビュー組、同)、ボードゲームカフェパス制作、雑誌「ALL GAMES」記事担当、ボードゲーム制作のための相談会、等々、数多くの製作者に手を差し伸べ、多くの会に積極的に参加し、多くの方から愛された。
エッセンからの帰国後、一時期活動を停止された際、多くの方が不安の声を上げるほど、その徳の高さを実感したのではないだろうか。
何度も直接お会いする機会があり、その「誰に対しても人当りしない」、あたかも何か全身から発する「人徳の高さ」を身を以て実感した。


2位 やぬきけんじ。氏(TwitterID:@yanuyanu33)

囲碁、将棋、連珠、バックギャモン、トランプ、ドミノ、東八拳、等々、伝統遊戯なら何でもござれ。ボードゲームも勿論その腕は確証済み。
笑顔が印象に残る方で、行く先々で楽しいことを探し出す方。
義理と人情にとことん厚く、直接お会いしお話する中であふれんばかりの「遊びに対する深い情愛」が伝わり、関東を離れるお別れの会では多くの方が別れを惜しんだ。私もつい涙腺を緩ませてしまった。
普及活動を行う中、楽しい場所、楽しい環境があらば積極的に顔を出し、多くの知見を広げるその飽くなき姿勢は本当に脱帽し、今回秋の新作への大きな刺激となったこと、この場を借りて感謝申し述べたい。
現在は長野住まいであり、多くの方から関東への帰省を望まれていることからも、その人望の高さが伺える。


1位 いか氏(TwitterID:@bodoge_ika)
ポッドキャスト「いかとりにょりとおけいのいかがわしいラジオ」MCとして活躍する傍ら、ツイキャスライブ上にひょっこり顔を出しては、その高い知見からのアドバイスや屈託無い意見を提示される方。
この2018年、「podcastの敷居は高くともツイキャスライブなら」と多くの方に勧めて周り、製作者、パーソナリティにかかわらず多くの方が「ツイキャス」という媒体を利用し自己の新たな発信源となるきっかけを生んだ、影の立役者でもある。
長年ボードゲームに携わっているベテランながら、決して自ら名乗り上がることをしない、積極的に裏手へと回り、遠方からエールを送り続ける、ブースの応援とあらば手を挙げ、人一倍頑張りを見せるという、そのあまりに謙虚な姿勢が多くの方の称賛を呼び、人気ポッドキャスト「おしゃべりサニバ」MCすながわ氏など、いか氏を心から慕う方も数多い。かくいう私もその一人である。


まだまだこのボードゲームの世界に浸かり、紹介しきれないほど多くの素晴らしい方々と出会うことができた。時間があれば、是非また機会を設け、紹介したいと思う。
そんな素晴らしい方々と出会うきっかけを生んでくれたボードゲームに感謝したいと心から思う。




2 件のコメント:

  1. いかさん。わかる!。ボードゲームの界隈において特異なポジショニングをとっているいかさん。みんなをハッピーにする感じ、でもちゃんと言うことは言うところがいかさんのいいところ!

    返信削除
  2. かみやパパでした!

    返信削除

作品はアウトプットで磨かれる〜4コマ漫画制作日誌〜

今回のゲームマーケット春は、本当に広報らしい広報活動もそっちのけで制作の方に勤しんだので、せめて自分のブログの中だけでも宣伝させてください。 なぞなぞの本、クイズの本、とともに、もう一冊、わたしのブースの片隅を賑わす本がある。 「きょうもボドびより。」と称された4コ...