2018年12月22日土曜日

ゲーム音楽かるたの紹介

私の創作ボードゲーム関連作品は、Board Game Quizだけではなく、実はもうひとつ「ゲーム音楽かるた」という作品がある。


学生時代からコツコツとゲームのサントラを集めに集めること約2万曲、それら趣味が興じて作成したこの作品、もちろん私が創造したものではない。
元ネタはかなり昔、ツイッターのTLに回ってきたもの。

かるたがボードゲーム(アナログゲーム)に含まれるかどうかはさておき、本格的なボードゲームと呼ばれる媒体に着手したことは今回が初めての経験となる。
触れたこと、学んだことは数多い。

私自身、かねてより「ボードゲームのインスト問題」と呼ばれる、説明書に関する各種問題に頭を悩ませていた。
インストをするのに説明書が難しい、相手に説明することが難しい、上手に聞く相手もそう多くはない。

ならばいっそ「取扱説明書のないボードゲーム」を作ってしまえばいい。

例えば「じゃんけん」に説明書はない。必要がないからだ。
後出しがどうだ、グーは石でチョキはハサミで、といった意味合いは後回しでもいい。
それらは承前、「わかっていることを前提に」ことが進むからではないか、と考えた。

説明書をなくすにはどうするべきか。
例えばNINTENDOSwitch「スプラトゥーン2」は、電源を入れた瞬間に簡単な「チュートリアル」が始まる。
これも導入部としての一つの方式だ。
また併せて、テレビゲームの利点とし「見ているだけでルールがわかる」ことも挙げられる。
「見ている人間が「楽しそう」「僕もやりたい」と集まる」
その環境の醸成には、やはり「ビジュアルと音声の情報」だけで内容の9割を伝えなければならないのではないか。

小冊子Board Game Quizは「遊び方自由自在」と銘打ち、「説明書不要」を主軸に取り組んだ。
「読むボードゲーム、あります」
サークルカットに記載した文言はそうした意味合いが込められている。




この「イズム」は本作「ゲーム音楽かるた」にも息づいている。
「説明書がいらない」
「誰かがプレイすると、それを見ている、周囲が興味を示す」
「見聞きするだけで内容が把握でき、プレイしたくなる」


もうひとつのトリガーを紹介したい。
実はこのかるた、持参してプレイすると反応は半々、といった具合だ。
「懐かしい!」「よくぞ集めた!」という好意的な意見とは対照的に「思ったよりさほど…」「ゲーム性は皆無」など否定的な意見もちょくちょくあがる。

それらも実は想定内だ。

ゲーム音楽のかるただけに「知識で勝てる」というX軸と、「聴いて楽しい」というY軸を併せ持つ。
己の記憶を活用し貪欲に勝利を目指すならば、このかるた、面白さとしては4/10くらいの評価だろうと思う。

これに、制作側の努力、そして「誰もが想像したけれど、誰も作り得なかった」が加味されると、どうだろう。

評価してくださる方は、本当に高く評価してくださる。
それもそのはず。ゲーム自体は有名であっても、すでに絶版となり入手が困難となったサウンドトラックからも何十となく取り札に含まれているからだ。(ポリシーとしてYouTubeから音源のDLは行なっていない)
もちろん一般的に有名な作品から選曲しているため、たとえ名曲であったとしてもゲームそのものの知名度が低い作品はなるべく控えているし、同名のゲームからは一曲だけという縛りをも設けている。(シルエット・ミラージュ、スーパーマリオRPG、ワンダと巨像etc、月風魔伝 etc etc…個人的名曲はたくさんあるのにぃ…。(涙))

この「自他共に認める非常にアクの強い作品」ゆえに、このかるたを持参する際は事前に連絡するか、もしくは要望があった場合にのみ、としている。
遊んでもらうなら、やっぱり、喜ぶ顔が見たい。

ひいては、ゲームの評価に関し、私は「遊ぶ人で左右される」という考えを持つようになった。
多くの批評家が論じる中、やはり否定的な意見が耳に大きな声で入るけれど、メンバーと、環境と、その日の体調と、その他諸々が影響し、ゲームの面白さなんて大きくぶれが生じるものだ、と。

だから、今はあまり作品の評価なんて気にしないことにしている。
高く評価されることは嬉しいけれどね。

そんな多くの想いを乗せたゲーム音楽かるた。
パッケージイラストは「大狼」などの作品で知られる「亞猫」氏が描いてくださりました。
ここに改めて感謝致します。

かるたは私に一言おっしゃっていただけましたら、クイズ同様、全国津々浦々、いつでも持参致します。


0 件のコメント:

コメントを投稿

目に見えない精神の話

 7月12日(月) レイアウトに少しずつ手をかけることにした。 ノートに書いて、パソコンの画面に落とし、画面を調整する繰り返しだ。目に見える形にすると、抜けた部分が見えてくる。 その中で気がついたことがある。 世界樹の迷宮という私の好きなRPGがある。 その隠しダンジョンの話だ。...