2020年4月26日日曜日

熱伝導の話 自粛期間制作日誌その5

3.11、震災の話を少しだけ話す。

僕の実家である鹿児島は、東北から距離はあったものの、連日流れる復興関連の番組に、ついに両親が根を上げるようになった。
震災関連の報道が流れるたび「テレビを消せ!」と怒鳴るのだ。
しばらくテレビから離れるどころか「復興に向けて頑張ろう!」といった言葉すら、あたかもアレルギーでも生じたかのように強く拒否を示した。

こうの史代著「夕凪の街、桜の国」のあとがきにも、著者であるこうの氏が「戦争を怖いだけの昔話にはしたくなかった」と言葉を綴った。
強いストレスに接すると、人間の身体はそれに強く抗う、だけではなく「ストレスを自ずから避けよう」とするのだと、これも脳科学か何かの書籍で目にした。

忘れよう、なかったことにしよう、
そう落とし込むことで、目の前の苦しみから一時的に逃れることができる。
決して「逃げちゃダメだ」といった自発的な行為ではなく、ストレスに耐えきれなくなった身体の拒否反応、防護反応ではないかと自分は考えている。

都内で発令された緊急事態宣言から、早1ヶ月を迎える。

先日、今日と、主催を手がけるゲームマーケット公式のTwitter(@GameMarket_)から「#知ったかゲムマ」「#エアゲムマ」開催のお知らせツイートが流れてきた。
「いろいろ自粛で心も憂鬱 そんなストレスをぶっ飛ばせ!」
そう銘打たれた「架空のゲームマーケットを創作するツイート」は、ゲームマーケット当日を予定した土曜日、多くの出展予定者、来場予定者が「#エアゲムマ」のタグをつけ盛り上がりを見せた。
実際のブース運営や、はたまた、ありもしない空想上の現場など、参加者の一人ひとりが、あたかも青海展示棟の様子を実況するかのように、我も我もと様々なツイートを展開した。

目を逸らしたい現実。
それに真っ正面から顔を上げる行為は嫌が応にも大きな苦痛や絶望を伴うものだ。

それでも、逃げることなく絶望を飲み込み、次へ、次へと前を向く姿勢、時にそれは己が苦痛をさらに伴おうとも、挫けたものに手を差し伸べ、うつむく人間一人一人の手を取るような姿に、僕は見て取れた。


ニーチェもこう語る。
「あなたがたが絶望におちいっていること、そこには多大の敬意を払うべきものがある。なぜなら、あなたがたはあきらめることを学ばなかったのだから」
(「ニーチェ著「ツァラトゥストラはこう言った」第四部 「「ましな人間」について」より)

逃げなかった。
走り出した。

その熱量は、周囲に伝播し、周りを心強くサポートする。

制作の熱を閉ざし、希望を絶やさんとする存在は、いつの時代も、厄災の審判を下す神様でも、恐怖に陥れる悪の大魔王でもなく、すべからく人間自身の行動に帰結するものだ。
しかしながら、逆もまた同じ。
頑張ろうという小さな熱量もまた、相手の心へと強く伝導する。
熱が熱を呼び、ろうそくがたいまつへ、たいまつから照明灯へ、と呼応するかのように、次第に大きな光が灯され、人々の向かうべき道先を照らす。

「正直いまは「前向いて行こうぜ」なんて軽々しく口にできる状況ではなく、本当に生きるか死ぬかだし、精神的なものも含めて病気は増加し、犯罪も増加するだろう。それでもなお、ゲームを作って行かなくてはならないと思う。」
(引用元 ;https://twitter.com/kariyakeiji/status/1253862927662084099?s=21

ゲームマーケット事務局長の刈谷圭司氏は自身のツイートでそう語った。

 僕が目指さんとする制作の根本は、どうやらその辺りに眠っているのではないかと最近は考えるようになった。
 創作を動かすエネルギーとは、泉の如く自然と湧き出るものではなく、周りの創作熱に感化される形で、己が体内に秘められたエネルギーが周りと強く共鳴するかような、そんな形だ。

 だから僕も、何か手を動かそうと決めた。
 絶望に真っ向から立ち向かい、決して逃げることなく、少しずつ歩みを進めよう、そう改めて誓った。


 3月末から続くこの自粛期間日誌も早5週目となった。
 来週末は5月、新緑の季節を迎える。
 見る者を楽しませる草花が役割を終え、種子を育み、若い木々へとバトンをつなぐ時期とされる。
 自分に貢献できることは何か、なんて大それたことなど考えるに及ばない。けれど、僕が今できる全勢力を作品へと傾注できうるならば、小さくとも何かしら周囲を動かせるに違いない。

そんなことを願い、僕は今日もまた4コマに動画にと悪戦苦闘するのだった。





0 件のコメント:

コメントを投稿

目に見えない精神の話

 7月12日(月) レイアウトに少しずつ手をかけることにした。 ノートに書いて、パソコンの画面に落とし、画面を調整する繰り返しだ。目に見える形にすると、抜けた部分が見えてくる。 その中で気がついたことがある。 世界樹の迷宮という私の好きなRPGがある。 その隠しダンジョンの話だ。...