2020年6月21日日曜日

神様のゲーム オンラインイベントに向けての僕の考え


 来週27日(土)、28日(日)は「ゲームマーケットライブ」と称された、オンラインを通じたボードゲームのイベントが開催される。
 各ブースは動画配信やライブ配信を通じたイベントを持ち込みで企画し、また主催となるブースでは各イベントも開催されるとのこと。来場者は好きなブースをまわり、動画配信やライブイベントに参加するなどを体験することができる。
 これまで有志の間で開催されたオンラインイベントの延長線上にあるものと、僕は勝手に認識している。
 
 情勢としては、先日首相が「経済活動レベルの引き上げ」を発表、県をまたいでの移動自粛が解除された。
 街の活気も、満員電車や商店街の賑わいなど、緩やかな上がり方を見せた。
 とはいえ、特効薬やワクチンなど、いまだ安心できる中とは断言できない昨今。今後はオンライン上でのこうした取り組みも活況を見せるのだろう。

 御多分にもれず、当「番次郎書店」も、オンライン上で立ち寄った方が楽しめるよう早速動画を作成し、当日、立ち寄った方と楽しめるよう当日配信用のクイズまで用意した。

 先日、ある方から
「リアルでできないから仕方なくオンラインで……じゃなくて、オンラインだからこそできる遊び方を開発したいですよね」
 そんな言葉を受け、ハッと我を振り返った。

 ボードゲームの楽しさはやはり対面同士のやり取りだ。
 単にゲームに興じるだけではなく、会話を五感で体感し、相手とのノンバーバルな面を含めたやり取り、カードを、チップを、実際に手に取り、触感として味わうことのできる重厚なひと時…。
 個々人が開催するクローズ会の場や、再開されたボードゲームカフェ・プレイスペースの場を通じ、改めて「直接のやり取りを通じたアナログゲームの楽しさ」を再確認された方も多かったのではないか。
 それらを踏まえた上での「オンラインイベント」は、(大変失礼を承知で)日常の食卓に非常食を提供するような味気なさすら感じるかもしれない。

 でも、不思議と僕に落胆する気持ちは生まれず、むしろ「近未来的だ!」と好意的に捉える側の方に立った。
 何ができる?ツイキャスライブ?YouTube LIVE?動画配信ならば、立ち寄った方と一緒に遊べる、楽しめる、そんな企画が用意できないかな、etc…。

 メンタルヘルス関連の書籍に登場する例え話で「コップの水を半分だけ飲み、残ったグラスを見て「もう半分しかない」「まだ半分あるか」のどちらを考えるか」とある。
 物事を悲観的に見るか、楽観的に見るか、の例だったかと思う。
 
 制限された状況の中、思うような行動ができず、もどかしい、苦しい…今回の自粛期間を通じ、誰しもが経験した「ツラい気持ち」だ。
 そんな中、僕は心の中で「ゲームだ!」と開き直ることにした。
 「これはゲームだ。自分は神様が与えたこのゲームを、最大限楽しみ、クリアに導かなければならない」
 そんな妄想を全開にし、あらゆる出来事を「これはゲーム!」と置き換えることにした。
 ゲームだから、楽しまなければ自分が一番損をする。
 ゲームだから、ルールには絶対で、ルールに抗うことなく行動しなければならない。
 ゲームだから、どこかに楽しむ要素があるはずだ。
 ゲームだから、どこかにクリアのカギとなるアイテムが存在するはず。
etc、etc…。

 ウイルスの脅威が抑えられる近未来は、「これまでの日常に帰る」ではなく、「ウイルス対策を万全に、という前提の中での新たな未来」のはずだ。
 だから考えの軸を「過去」に置いては足元から崩壊してしまう。
 立脚点を「今」に置き、今できること、できないことをしっかり見定め、できることを少しずつこなしながら、未来の自分へと軸を移そう…。

 僕は「今、何がないか」よりも「今、何があるか」を考えられるような、自粛期間が開けたこれからも、そんな視点で物事を見ていくつもりだ。
 
 番次郎書店ではオンラインの場でも、変わることなく、クイズに4コマに、皆さんが「いかに楽しめるか」を追求できるブースでありたいと願う。


 「白鯨」などの作品を手がけた作家ハーマン・メルヴィルの言葉を紹介し、今回の締めの言葉とする。
「不遇はナイフのようなものだ。
 刃をつかめば手を切るが
 取っ手をつかめば役に立つ」

0 件のコメント:

コメントを投稿

目に見えない精神の話

 7月12日(月) レイアウトに少しずつ手をかけることにした。 ノートに書いて、パソコンの画面に落とし、画面を調整する繰り返しだ。目に見える形にすると、抜けた部分が見えてくる。 その中で気がついたことがある。 世界樹の迷宮という私の好きなRPGがある。 その隠しダンジョンの話だ。...