2021年6月20日日曜日

自信を取り戻せた日

 6月20日

マスクをつけての長時間外出はやはり過呼吸に陥るからか、帰宅後の疲労感もかなりのものである。これに夏場は高温となるのだから、今年一年を乗り切れるか不安である。


昨日は4コマ後に思い立ち、千葉県は成田のPLAY!2号店様にご挨拶に伺った。


親交のある千葉県の有名ボードゲーマーでひしめく店内は、新旧問わず流石のラインナップで締められていた。

店長ご夫婦もとても明るく、以前茂原のTSUTAYAでお会いした旨を伝えるとすぐに打ち解けた。卓を囲む面々には、どどめのボドゲーンでおなじみのどどめさんもいらっしゃった。


本当にご挨拶だけを済ませ、帰宅する。

ついでに3ターンで終わるゲームをようやくゲットする。


翌日も疲れは取れず、結局約束の時間まで横になりながら疲労の回復を図った。

感染症を心配したが、熱もなく、何よりセブンの固めプリンが美味しくいただけるのだから何ら心配することもなかった。


神楽坂のテンビリオンポイント様へ


店長のヒガさんは以前神保町のアソビカフェに勤めた名物店長。DJもデザインもインストもこなす敏腕店長だ。


手持ちのクイズ本を無事にお渡しでき、まずは安心する。


クイズ本を手渡す際、早押しボタンを購入された旨を聞きつけ、ならばと問題を作成することにした。

ボツ問題をまとめるつもりが、あれもこれもと入れ込むうちに、結局全て新問題ばかりの収録となった。


何よりも驚いたのは自分だ。

少し前までうんうんと苦しんだ問題作成が、他の方のためだったとはいえ、2時間ほどで30問ほどの問題を工面できたのだから。


良い具合に力が抜けたからだろうと思う。

ほんと、もう私に問題作成は無理だと諦めかけた頃だった。有名クイズYouTuberが蹂躙すれば、私の代わりなどいくらでもいると感じた頃だった。


まだまだ力は残っているようだ。そして人よりも、少し前に進んでいるようだ。


問題をさらに磨き、これからもうしばらく前を走ることができるよう、自分の道を走るしかないのかな。

0 件のコメント:

コメントを投稿

目に見えない精神の話

 7月12日(月) レイアウトに少しずつ手をかけることにした。 ノートに書いて、パソコンの画面に落とし、画面を調整する繰り返しだ。目に見える形にすると、抜けた部分が見えてくる。 その中で気がついたことがある。 世界樹の迷宮という私の好きなRPGがある。 その隠しダンジョンの話だ。...