2021年6月23日水曜日

意思疎通、だ

 6月23日(水)


銃・病原体・鉄、だったかと思う。もともと人類は何十ヵ国語を介して相手とのコミュニケーションを取った、という記述である。


それだけ、言葉による交流は難しい、通じにくい、という意味として捉えた。ノンバーバルコミュニケーションの例を出すまでもなく、話せばわかる、は大ウソ、という養老孟司著「バカの壁」の帯の言葉を思い出す。


今日はテンビリオンポイント様へ伺った。

先日のラジオ生配信の際、早押し機が不調となった旨を掌握したからだ。

お節介とは思いながら、自宅で眠っていた年季のある早押しボタンを献上に上がった。


ヒガ店長とお会いし、お店の早押し機を交換、これで最大15人早押しも可能という、ボードゲームカフェでは最大人数の早押しが可能なお店となった。

お礼は特に受け取らず、そそくさと退散した。


二軒目は、自宅の近くであるにもかかわらず、どうにも足が遠のいていた横浜はらうんどとりっぷ様へ。


知性あふれる店長の流石のラインナップは、見聞きだけできていたカルカソンヌスターウォーズエディションや、ペッパーのドイツ版など珍しいラインナップが揃っていた。


Twitter上のイメージと違い、店長は気さくで笑顔溢れる方だった。話しかけると、何でも飛び出す知識の山に、その知性の一端が垣間見えた。


横浜のギャングスターミーティングの会場ということで、himeさんともお会いし、ついあれこれと表には出せない話を出してしまった。

油断するとつい愚痴が走ってしまう。気をつけなくては。


himeさんから、お疲れのようだと指摘を受け、確かにこの脳のぼんやりした疲労は、単なるマスクの過呼吸ではないなと察知した。


お店を出たのが19時過ぎだったこともあり、近傍の外食店に寄ることは控えた。


お金のこともひっかかったからかもしれない。

お金は使わなければ増えない、とはいうものの、仮にゲームマーケットが開催された際、本当にこれが最後となるお金が動くこととなる。

それまでは辛抱の一言だ。夜は卵かけご飯で済ませることにした。


頭がぼんやりする感覚は続くので、早めに日課を処理して、今日は早めに休むことにする。

苦しいことが成功への第一歩、なんてことを語った名言集をぼんやり眺めながら、空腹を睡眠で納めることにした。


明日もまた頑張る。

作業をする中では、お金の出費は抑えることができるからだ。


自分の好きなことを続けておいて、さらにお金までもらおうとは無視のいい話かもしれない。

文句を言われても反論はできない。


もうしばらくだけ、自分の好きに生きてみようと思う。

ダメなら世間が勝手に動かしてくれると、楽観的に考えて、今はとにかく休息を取るターンとする。

0 件のコメント:

コメントを投稿

目に見えない精神の話

 7月12日(月) レイアウトに少しずつ手をかけることにした。 ノートに書いて、パソコンの画面に落とし、画面を調整する繰り返しだ。目に見える形にすると、抜けた部分が見えてくる。 その中で気がついたことがある。 世界樹の迷宮という私の好きなRPGがある。 その隠しダンジョンの話だ。...