2021年6月25日金曜日

眼高手低

 6月25日(金)


外に出たい衝動に駆られたが、この日も家の中でひたすら作業に従事した。

アフターエフェクトを久しぶりにいじる。手持ちのファイルを読みながら実践して手を動かすも、頭(理論)と実践がつながらない。

眼高手低、という四字熟語がある。

知識ばかり入れてしまい批評ばかりしていては、手を動かすときに全く役に立たないという意味の言葉だ。

批評も含めた知識を正しく入れなければ、知識は時として相手を傷つけてしまう。

筋肉が相手を傷つけるものではないように、知識もきちんと抑えて使わなければ相手の毒となってしまう。

心技体の一心一体がまさにそれだ。


勉強、勉強、そして実践。

私の中にどうしても「お金になることはプロとして通じるもの」という道が通っているため、仕事が自分の成長につながることに素直にイコールが結びつかない。

肩書きや実績が身につくという意味で捉えるとまた違うのかもしれない。


1人作業は苦しい。それは他と通じる世界に欠けているからだと思う。

腹心を知る友人がいるいないとで、世の中の過ごし方は大きく変わる。

私は身内の人間にことごとく騙される(最近はVtuberにすら騙され問題をタダで計上するに至った)悪い意味での人の良さを発揮してしまったが、それゆえか人もそう集まらない。

逆に、周りに悪い方へと矛を突きつけ、周りから総批判をもらうような人間でも、75日過ぎれば何とやら、けろりとした顔でツイートを始めている。


その辺りを追求するとまた悪い方へと論が及ぶが、走り続ける最中では靴の中の小石が気にならないのと同じで、今は振り切って走る時だと思う。


今度の土曜から月曜にかけて占いでは多少運気が上がる星周りとのこと。土日の人混みは感染症も含めて少し尻込みするが、台風さえ上陸しなければ外の空気を吸ってこようかと思う。


0 件のコメント:

コメントを投稿

目に見えない精神の話

 7月12日(月) レイアウトに少しずつ手をかけることにした。 ノートに書いて、パソコンの画面に落とし、画面を調整する繰り返しだ。目に見える形にすると、抜けた部分が見えてくる。 その中で気がついたことがある。 世界樹の迷宮という私の好きなRPGがある。 その隠しダンジョンの話だ。...