2021年7月2日金曜日

到達点とこの先の話

 7月2日

特に理由もなかったが、せっかくの記念ということで七夕の日に献血の予約を入れた。

今日は4コマの更新がTwitterトータルでちょうど700話となる節目の回。

おまけ漫画に各所で描いたおまけ漫画などを含めるともう少しあるだろうか。それだけの数ものネタを、いろいろな制限(ブラックや下ネタにしない、よく聞くボドゲあるあるはそのまま使わない、続編を描かない、茶化したり馬鹿にしたり誹謗中傷したりしない、等々)がある中、本当にここまで到達できたことが奇跡に近い。


雨降りの中、出かけるわけにも行かず、この日も結局アフターエフェクトの勉強を済ませる。

700ページもの教材に何とか一通り目を通し、一応の使い方が机上の空論で学んだということだ。あとは実地を積み重ねて、手で覚えようかと思う。

実際に動かしてみるも、カードがペラペラ動く仕草もままならない。

以前イラストをPhotoshopやIllustratorで仕上げる時も同じような感覚だった。「これならパワーポイントの方が俄然早い!」と思えるほどだった。それがIllustratorで約3ヶ月かかっただろうか。

プレミアプロも一通りの動かし方がわかるまで約1ヶ月、だから今アフターエフェクトが使えないのも似たようなものと捉えている。


無事に使えるようになれば、イラストも、文章も、映像編集も、キャラクター設定も、すべて自前で用意できるようになる。


それは実はすごいことなのかもしれない。

もちろん作品として世に生み出してからの話、今は皮算用にすぎないし、当然仕事の話も来ない。


少しずつ少しずつ、自分の外堀をできることで埋め合わせるように、手を動かし、本を読み、少ないながらちゃんと支えてくれる応援の声を裏切らないよう、また明日も頑張るだけだ。


今は体だけは整えて休むことにする。遊んで笑うのは、当面先でいい。

0 件のコメント:

コメントを投稿

目に見えない精神の話

 7月12日(月) レイアウトに少しずつ手をかけることにした。 ノートに書いて、パソコンの画面に落とし、画面を調整する繰り返しだ。目に見える形にすると、抜けた部分が見えてくる。 その中で気がついたことがある。 世界樹の迷宮という私の好きなRPGがある。 その隠しダンジョンの話だ。...