2021年7月4日日曜日

環境の整備

 7月4日

雨降りの中、今日は4コマのネタに苦しみ、結局おまけ漫画としてのちほど描き進めることにした。数えたらツイート連載後15話でノルマ達成となる。表紙やおまけページもたくさん描かなければならない。のんびりする時間はそう多くはない。


研究、そして実践

「結果より過程が大事」と人は言うが、それは結果を出せた人の言葉だと、高校野球の監督の言葉で思い出した。

私がどれだけ遠吠えを吐こうとも、結果が出ていなければ遠い空へと消えてしまう。

2017年に初出展以来、今年で実際にかれこれ4年以上も、ひたすらボードゲームのクイズを追い続ける私。石の上の三年はとうに過ぎ、何か結果を出せたかといえば言葉に窮する。


先程の言葉が掲載された本には、他にももう一つ言葉がある。


「結果が出るまで我慢できた人を天才と呼ぶ」


クラスの一軍が他愛もないダジャレでちやほやされる中、陰で活動する私のような人間はさらに捻ったネタを出そうとも評価されることは少ない。


それも結果という名前の肩書きがないからだろうと少し拗ねてみる。

ラーメン発見伝の店主がそれに似た言葉を述べていただろうか。


肩書きは出せと言われて出せるものではない。結果を誰かが評価することで得られる、信頼に基づくステータスだ。


今は耐える時。もちろん、そう長い間耐えられるほどの体力も気力もない。


できることといえば、環境を整えることぐらいだ。


だから付き合う相手も、心ない言葉を平気で口にする相手とは、どれだけ物々しい肩書きを持とうとも距離を置くことにした。

現実でも、SNSでも。


整えられた環境がそう長く続くとは思えない。

だから、今をとにかく生きる、今の考えを今残すこと。


まだまだ頑張れと言い聞かせ、明日も4コマが更新できるよう祈る。

0 件のコメント:

コメントを投稿

目に見えない精神の話

 7月12日(月) レイアウトに少しずつ手をかけることにした。 ノートに書いて、パソコンの画面に落とし、画面を調整する繰り返しだ。目に見える形にすると、抜けた部分が見えてくる。 その中で気がついたことがある。 世界樹の迷宮という私の好きなRPGがある。 その隠しダンジョンの話だ。...