2021年11月1日月曜日

笑われて、笑われて

 5月から心機一転開始した日々の4コマが、今日で150話、2年間ちょっとに及ぶ過去の連載文を含めると794話と、800話も目前となった。


今度の4コマも無事に2巻目の入稿を済ませ、次回イベントで1,2巻も含めた初めての頒布となる。


日々苦しい執筆だった。


心に響くしんみりとした言葉も、淡い恋愛のドキドキもない、すべて「お笑い」の漫画だからだろう、応援の言葉も少なく、それどころか「毎日更新だと応援しづらい」なんて言葉をもらった。当然、周りの華やかな漫画に比べ、いいねの数もそんなに多くはない。


ただ、自分は他よりも大変なことをしている、大変な縛りを入れている、と言い聞かせ、誰よりも頑張っている、と言い聞かせるより他にない。


一人作業はとにかく大変で、作業中、とりわけ創作作品に熱を上げすぎるあまり、自分自身の存在が見えなくなってしまう。

何をしているのか、もっと楽できないか、周りは次に進んでいるのに、なぜ自分は。

そんなうちなる声を嫌が応にも対峙しなければならない。


そんな声にもめげず、発表に漕ぎ着けると、次は外からの声だ。


先のブログにもあげた「批評家」から、こうだああだ俺はこう思うよく勉強しろなどとありがたい忠告を受ける。


「いいねはつけないけれど応援してます」という言葉にだって、何度となく苦しめられた。


それでもめげずに更新できること、そして「定番の展開」から逸脱すること、

それらを含めた今回の150話目の更新だ。


Twitterを眺めると、今日も本職の漫画家や神絵師の描くプロの作品が、(時にいやらしいものも含む)今日も暇を明かすことなく並ぶ。

並べられる私の4コマ。

誰からも褒められず、誰からも賞賛されず、それでもきっと私は明日もネタが続く限り「描き続ける」と決めた。


笑われて笑われて、強くなる

それは幼い頃にお坊さんから聞いたお説教の言葉だっただろうか。


私はまた明日も笑われる。

笑われるような漫画を描き、笑われるくらい地道な努力をする。


明日こそは自分自身の笑いの種が芽吹くよう、ひたすら笑われ、頑張るのみだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

笑われて、笑われて

 5月から心機一転開始した日々の4コマが、今日で150話、2年間ちょっとに及ぶ過去の連載文を含めると794話と、800話も目前となった。 今度の4コマも無事に2巻目の入稿を済ませ、次回イベントで1,2巻も含めた初めての頒布となる。 日々苦しい執筆だった。 心に響くしんみりとした言...