2020年8月16日日曜日

イベントっていいな♪ ゲームマーケット出張版浅草2020参加レポ

  8月16日日曜、浅草の東京都立産業貿易センター台東館にて「ゲームマーケット出張版2020浅草」が開催されました。


 2020年大阪、春、以来となる久しぶりのイベント、行って来ました。そのレポート記事です。


1 待機列の様子

2 いざ、開場

3 感染症対策について

4 室内の様子

5 終わりに(イベントって、いいな)



1 待機列の様子


 この日の浅草は36度を超える猛暑日となりました。

 会場となる4階へは、密を避けるために階段を利用するよう促されました。

 事前に購入したチケットには「1時間〜15分前に到着」をお願いする言葉がありました。

 私の入場時間は11時30分。

 スタッフによる非接触式検温とアルコールスプレーによる除菌が行われ、そのまま待機列へ。特に当日購入の列が区分されたわけではありませんでしたが、大きな混乱は見られなかったように感じます。


 待機列を形成する広いスペースには、等間隔で養生テープが貼り付けられていました。

 約30センチのタイル4枚分の間隔で、私が並んだ位置は一列目の半分くらいの列でした。ザッと目算で30番ほどだったかと思います。


 待機中にスマートフォンの電子チケットをスタッフに見せ、スタッフはスタンプ上のデバイスで画面をタッチすると「入場しました」の烙印が押されました。アナログっぽくて素敵です。



 私は念のため、マスクにフェイスガードを装着して並びました。

 周囲を見回すと、全員がマスクを装着し、友人連れやカップルの参加も目にしましたが、会話は控え目で待機列は至って静かでした。


 入口で配布されたパンフレットに目を通します。




 観音開きのパンフレットには、開いたページにウィルスに関する注意喚起。QRコードは厚生労働省の「喉エチケット」のページにリンクします。

 こうした配慮は、大変ありがたいです。


 見開きには全体マップ。





 しばらく待つと、一列に約40人ほど並ぶ列には、入場直前ともなると4列目が埋まり、5列目の先頭まで伸びていました。



2 いざ、開場


 「いつものアナウンス」で「第3部、開場です」のアナウンスが流れます。

 大きな拍手でスペースに入ります。こちらもゲームマーケット「ならでは」。

 久しぶりの拍手に心踊りました。


 当日は遠方から出展予定された2ブースが参加辞退、テーブルはそのままに「参加辞退」のシートが発布されていました。


 入場直後の様子ですが、特に「このブースに長蛇の列」は見かけなかった印象です。


 私も早速、目当ての作品を購入に回りました。

 いくつかを簡単に紹介しますと、


 アークライトは世界的話題作「evolution」の先行発売と、先日発売されたばかりの新作ミリオンヒットメーカーを。

 oink gamesは話題作の他に、オンラインショップ発売のデザイナーズノートやピンバッジなど発売。

 グランディングは話題作「街コロ」2作目『通』を先行発売。

 ディアシュピールはボードゲームPodcast『ほらボド!』とタッグし、名作の新品、中古販売を。

 ラディアスリー、AHCブースでは両作品購入の方に『斯くして我はFILLITに成れり』『JAMIT』のルールブック入りクリアファイルを。

 OKAZU brandは春の新作5×5zoo、スージィQなどを発売。さらに大変豪華なカタログを。

 ozplanningはこちらも『ゴリラ人狼』とのコラボレーション作「赤い扉とゴリラの鍵」を。

 ボドっていいとも!では春新作「筋肉祭人狼」や、ゴリラ人狼マスターバッジの販売を。

 JELLY JELLY CAFEではネスターゲームの各作品を。さらに購入された方にはオリジナルトートバッグを。

 TUKAPONでは人気のボブジテンクリアファイル、今夏発売された「ムショの中のアリス」、そして今年春には叶わなかった『ゲームマーケット作品詰め合わせ福袋』の販売を。

 スタジオムンディは新作「人類誕生」を。こちらは北海道ボドゲ博2.0でも販売される予定です。


 どのブースも目白押しで楽しかったです。(全てを紹介できずすみません…。)


3 感染症対策について


 改めて今回の感染症対策を確認します。


 各ブースの通路を隔てた距離は先ほどのタイルで8マス分(240cm)、机の後部(バックヤード)も7、8マス(210cm、240cm)、加えて机は密接せず、測定は憚られましたが各ブースの間隔もしっかりと確保されていました。

 スタッフの方はいつもの「オレンジのはっぴ姿」に加え、マスクとフェイスガード。ネームプレートには本名が記載されていました。

 運営中も常に数名のスタッフが巡回しておりました。

 もちろん声かけもマスク越しです。

 各ブースの対策はまちまちで、前面に飛沫防止シートを貼るブース、手袋や自前のフェイスガードを装着するブースなど様々に工夫されていました。



4 室内の様子


 いつもの人の賑わいも控えめだったからか、空調は大変快適でした。

 とはいえ、長時間のマスクとフェイスガード装着はやはり辛いものがあり、ブースの中の方も汗まみれになりながら説明をされていました。

 出口のすぐそばに自販機と簡易休憩スペースがありましたが、そこにも人は絶えなかったように見えます。

 そのほかは、大型ポスターあり、新作披露あり、コスプレあり、と、試遊が無い中でも、各ブースが創意工夫し作品の魅力を伝える姿が印象的でした。

 会場や規模は違えど、いつもの「ゲームマーケット」の楽しさを十二分に堪能できました。


 終了の5分前と終了時間には、こちらもいつもの『ゲームマーケット』のイントネーションでお知らせのアナウンス。そそくさと退出致しました。

出口付近から少し中の様子を伺うと、次の時間に向けて、休むまもなく、簡単なミーティングと準備が行われているように見えました。



5 終わりに(イベントって、いいな)


 私がイベントへ参加する理由のひとつに「対面でのやりとりの楽しさ」があります。

 今回は来場者として、制作を手掛けられた方に直接「あのボードゲーム 、すごく面白かったです!」の気持ちを伝えることができました。

 「面白かったです!応援してます!」

 『今作もさらに面白くなってます!ぜひ遊んでください!』

 文字に起こすと本当に他愛無いやりとりですが、このわずか数文字のやり取りがあるからこそ、私はボードゲームの楽しさがますます刺激されます。

 オンラインでは思うように叶わなかった、まさに「対面のイベントだからこそ味わえる楽しさ」です。


 今回45分という時間の中でしたが、一通りの買い物を済ませた後は、各ブースに御礼に回る(そこで予定外の買い物をすることもしばしば)時間も十分に充てられました。


 試遊もなく、ブース数も比較的少なかったからか、全体をのんびり3周くらい回ることができました。

 購入するだけなら少し長い、交流を図るには少し短い、そんな45分だったように感じます。


 いまだ予断を許さない状況の中、対策を入念に行った上で開催された本イベント、帰宅の途に着きながら「やっぱりイベントっていいな。」と、改めて実感しました。


 その気づきを与えてくださった今回のイベント運営スタッフ、出展各サークル様、そして来場されました全ての方々に大変感謝致します。

 

 私も来週開催の北海道ボドゲ博2.0に向けて、整えるべき準備を十分に整え、来場された方全員に「楽しさ」を提供できるよう頑張ります。




0 件のコメント:

コメントを投稿

笑われて、笑われて

 5月から心機一転開始した日々の4コマが、今日で150話、2年間ちょっとに及ぶ過去の連載文を含めると794話と、800話も目前となった。 今度の4コマも無事に2巻目の入稿を済ませ、次回イベントで1,2巻も含めた初めての頒布となる。 日々苦しい執筆だった。 心に響くしんみりとした言...