2021年7月1日木曜日

言葉を出すこと

 7月1日


なんだかんだ、休み休み、7月もブログを続けることにした。

「製作者のブログはすぐに終わる」なんてイメージを持たれたことが腑に落ちなかったからだ。


制作のことを綴ると、今日も4コマを描き、問題の手直しやアイコンの作成、アフターエフェクトの勉強を進めた。

昨夜遅くに申し込んだボドゲフリマの申し込みを改めて見直す。大阪往復三万くらいなら何とか捻出できるだろうか。

ご挨拶したい箇所はたくさんあるのだ。


キャスを再開しないのか、と、聞かれることがある。

言いたいことをグッと堪えるうちに、表面だけは何とか取り繕うことができたようだ。


素の自分は、もっとぐじゃぐじゃで醜い言葉が腹から生まれる人間だ。不平不満だって多くある。


それを感じた上で、どうするか、を振る舞うのが、大人だと思っている。


思いの丈を即座に口にすることは誰でもできる。

不平を感じた上で一歩だけあとに引き、どうするかを考えることを頭に置いている。


ツイートという、思いの丈を即座に文章にできる行為は、ブログやキャスの文化とは違い、リアルタイムのライブ感はあれど、思いも寄らない言葉が飛び出すものだ。

それは本音の言葉とは違う、まして、個性を生み出す言葉でもないだろう。


慎重に、そして、自分のなりたい姿の言葉を出すよう、それはメイプル超合金の数レーサーさんも「言葉遣いは最高の化粧」という言葉で表現している。


良い言葉だけを自分にかけて、また頑張ることにしよう。


7月が始まる。1ヶ月前から大きく前進した自分となりますよう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

笑われて、笑われて

 5月から心機一転開始した日々の4コマが、今日で150話、2年間ちょっとに及ぶ過去の連載文を含めると794話と、800話も目前となった。 今度の4コマも無事に2巻目の入稿を済ませ、次回イベントで1,2巻も含めた初めての頒布となる。 日々苦しい執筆だった。 心に響くしんみりとした言...