2021年6月22日火曜日

退路を絶って

 



6月22日(火)


今日は少し込み入った話となります。



4コマ執筆後、ゲームマーケット秋の通知が届いたので、ザッと変更事項を確認したのち即座に応募した。


出展価格や開催期間など、大きく変更された次回内容に、出展者の多くが躊躇する中、割とあっさり踏み切ることにした。事もあろうに両日だ。


一冊800円のクイズ本など、記録に残るほどの数を売り切らなければ儲けなど出るはずがない。


それでも一歩踏み出す時の足の軽さは、遠い昔に読んだダイの大冒険の氷炎将軍フレイザードの行動を元にしている。


ためらわず踏み出したのち、問題は走りながら考える、とは、課長島耕作にもあった言葉だと思う。


まずは進むこと、それだけで相手からリードを奪える。

時の理はそれだけ戦略で大きく作用するのだ。即断即決を求められる管理職には必須の要件だ。


もちろん決定したからといって問題が解決するはずもない。

これから大きなお金をどこかから工面しなければならない。


近所の神社にお参りに行く。


「やりたいことに全精力を注ぎ込み、反面、少しでもメンタルを乱すような相手とは相応の距離を取る、そんな今の自分の行動スタイルは間違っているかもしれない。事実、私自身には相談相手すらいない。スペースなど立ち上げようなら1人孤独に喋ることとなるだろう。


それでも進むことにした。

もう一つの理由が、本当にこの秋の出展が最後になるかもしれないからだ。


目に見えるヒット作も生み出せない中、ボードゲームの問題作りにかけた5年間は本当にあっという間だった。

そんな中、少しずつではあるが、ボードゲームに関するクイズのツイートやクイズの動画は増え、ボードゲームカフェで開催されるクイズ会などもちらほら見え始めた。


私の存在など、潤沢にお金を費やして動画コンテンツを量産する組織とは対称的に、お金は日に日に目減りし、大きな創作イベントすら限られてしまう有様だ。加えて年齢は40を超えたハゲのおっさんにすぎない。


だから自分は、この出展で大きな変化がなければ、潔くボードゲームから撤退して別の道を見出そう。

冗談ではなく本気でそう考えている。


休め休めと言われても、ここまで後に引けない戦いの中、のんびり休む時間すら惜しいのである。


焦りかもしれない。


それでもこの秋が最後の創作だと自分の心の退路を断ち、体にムチを打ちつつ、また明日も頑張ろうと思う。


問題のノルマはさらに増えたが、時間の猶予はある。じっくり腰を据えて頑張りたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿

笑われて、笑われて

 5月から心機一転開始した日々の4コマが、今日で150話、2年間ちょっとに及ぶ過去の連載文を含めると794話と、800話も目前となった。 今度の4コマも無事に2巻目の入稿を済ませ、次回イベントで1,2巻も含めた初めての頒布となる。 日々苦しい執筆だった。 心に響くしんみりとした言...