2021年6月9日水曜日

笑いながら進もう

 


6月9日

昨日から続く夏日で身体も疲労に達した。

朝は久しぶりのランニングだったが、案の定、体も心臓も鈍っており、異常なほど心臓がバクバク言った。少し間違うと倒れるかもしれない。


4コマも何とか更新できた。

二日前に自分としてはかなり良い反応を頂戴できたので、それに引きずられないよう注意を払った。

Twitterでバズることの弊害は、脳が、体が、バズった時の状況を学習してしまうことだ。

作りたい作品から「バズるための作品」へ

シフトチェンジすると、本当に自分の描きたい作品が曇ってしまう。

適度に、ほどほどに、何より、創作の根幹を「自分の表現したいもの」に据えること。

簡単なようで、反応の数を気にしてしまう私にとっては、やっぱり難しい。


週末は天気が荒れるとはいえ、この暑さに夕方からは冷房を入れてしまった。

体温の上昇はそれだけで疲労を伴う、これも以前サロマ湖のウルトラマラソンで学んだことだ。

それだけ人間の体は繊細にできている証左だろう。


支援先のお店や個人の明るいツイートが目立つ。

自分も周りに支援できるほどの余裕はないが、それでも周りの笑顔を見ることは、自分もそのお裾分けを頂戴するようでとても気分が良い。

もっと資金が潤沢ならば、お店を貸し切ってボードゲームクイズイベントを大々的に行うのであるが、これも致し方なし。まずは自分の境遇から。


頑張る頑張ると何度も口にしながら、今はとにかくできるところまで。

問題の精査もここまで順調。明日もまた問題の制作が続く。

誰かが待つ、その日を夢見て、笑いながら明日も進むしかないのかなと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿

笑われて、笑われて

 5月から心機一転開始した日々の4コマが、今日で150話、2年間ちょっとに及ぶ過去の連載文を含めると794話と、800話も目前となった。 今度の4コマも無事に2巻目の入稿を済ませ、次回イベントで1,2巻も含めた初めての頒布となる。 日々苦しい執筆だった。 心に響くしんみりとした言...